人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レーザー加工や社内での活動のことなどを、土日以外更新しています。


by tarolin.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

補正

昨日は、カイゼン発表会の日でした。

一通り、カイゼン発表
委員会からの発表が続いた後

切断公差についての講義を行いました。
先週、内径公差のクレームがあったからです。
工場のオペレーターに、原因と対策を聞いても、???
ちょっと、公差と補正値の関係を理解していないなあと感じたからです。
(レーザージョブショップとしては、恥ずかしい告白ですね)

公差とカーフと補正の関係の話を
古藤部長が、講師になって講義を行ってくれました。
補正_d0085634_11234744.jpg

今日は全員出席の講義なので 熱血指導は封印の古藤部長

この補正値の割り出し方、計算式で書くと簡単なのですが
人に伝えて理解してもらうというのは難しいですね。

小一時間の講義と小テストで、数人の人が理解してくれました。
良かった
補正_d0085634_112465.jpg

講義のあと、小テストを行うといいですね。
どれだけ、理解できたかがわかるので、理解度が低かったらまた次回に講義

切れた製品を測定して、補正値をどれだけいれいるかというのは
ややこしいですね
自分でも、突然 補正値の質問されたら
一瞬考えてしまうもんね。

結構、製缶用の中厚の部材を専門に切っている人は
納入時から、1回もカーフ値をいじってないとか
ややこしいから、補正値ゼロにしてる なんて人も多いかも

私の私見ですが、レーザーのオペレーターの人でも
カーフ値の設定の仕方を理解している人って少ないのではないでしょうか?
みなさんはどうですか?

このブログを見ている方は、レーザーマニアの方が多いので
「そんなん、わかっとるわい」と言われそうですが...

社員には、オペレーターと営業は、完璧に理解し
人に説明できるレベルになりなさいといいました。

また、数ヵ月後に抜き打ちテストしてみよ





レーザーテックのホームページはこちら

レーザーマーキングのホームページは>こちら
by tarolin. | 2009-06-19 11:26 | カイゼン活動 | Trackback | Comments(0)