人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レーザー加工や社内での活動のことなどを、土日以外更新しています。


by tarolin.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

バーポ

ビニール貼りの切断のサンプル写真を撮影したので

レーザーテックでは、ステンレスに貼っている養生用のビニールを貼ったまま
切断できます。

レーザー用のSPV(白ビニール)ですと
一度、ビニールを焼いて、その後にステンレスを切断します。

詳しくは、HPのトップページの動画をみていただくと
切断方法が分かりやすいとおもいます。
(3つ並んでいる動画の左端)

始めに、ビニール部分だけ幅1ミリくらい焼いて、ビニール部を除去するのですが
そのときに、焼いた部分が0.5ミリ幅で、ステンレスの地肌でてします。
バーポ_d0085634_15262164.jpg

このような状態

それと熱で溶けた糊が、多少縁に残ってしまって、見た目が悪い
これが、剥がした状態
バーポ_d0085634_15281612.jpg

こんな感じ、小さい部品だと糊の残り具合が目立ちますね
なんか、見るからに汚そうですね
大きいものだと、気にならないですが...

この部分は、シンナーで簡単に取れます
バーポ_d0085634_15272015.jpg

が、手間がかかるのは事実
表面は400番研磨ですが、裏は研磨なし
バーポ_d0085634_15491823.jpg

多少キズがついてます。

基本的には、SPVは貼ったまま切るほうがコスト的には安く付くと思います。
特に、大きくて単純な形状のものを切断後に貼ると
結構手間がかかって切断代より貼る工賃のほうが高くつく場合があります。
その場合は、レーザー用のSPVを貼ってから切断してほうがコスト的に
安くつきます。
by tarolin. | 2007-11-27 22:06 | アルミレーザー | Trackback | Comments(0)