人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レーザー加工や社内での活動のことなどを、土日以外更新しています。


by tarolin.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

小さな一歩

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」

人類が初めて、月面に第一歩を降ろしたときの
ニール・アームスストロング船長の 言葉である。

その、アームストロング氏の訃報を聞いたのは土曜日のことである。

訃報を知る前に、偶然にも冒頭の歴史に残る名言を私は引用していた。



土曜日に行われた、西淀川ものくりまつり

目玉は、4mの人間搭乗型のロボットの初御披露目である。
小さな一歩_d0085634_16483017.jpg



人間を載せた状態で、2足歩行する人類史上初のロボットが動くというのである。
小さな一歩_d0085634_16485743.jpg



残念ながら今回は、安全上の理由で、片足に全荷重をかけただけの状態までで
実際に、足を前に踏み出すことはできなかった。
(非公式には、20cmづつは前にすすめるらしい)

もし、ロボットが初めて片足を前に踏み出せば、
世界初となる歴史的に瞬間に立ち会えたかもしれない

少し、期待したが今回はお預け、「お楽しみはこれからだ」というところか

そこで、冒頭の言葉、
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」
という言葉を引用したのである。


ライト兄弟が初めて空をとんだ時
わずか260mしか飛行できなかった。
1903年のことである。

それから、人類は地球上のどこにでも飛び立つことが可能になった
人類のあくなき好奇心は宇宙へと向けられ、ついに人類は月に人間を送り込むことに成功した。

アームストロングが月降り立ったのは
ライトフライヤー号が、ノースカロライナの片田舎でわずか数百m地面から離れただけの飛行から
わずか65年後の出来事である。


そう考えれば、ロボットの第一歩は小さな20cmであるが、
この20cmがアームストロングの一歩になるかもしれない。

100年後、あの一歩から始まったと言われる日は、すぐそこに来ている。






アルミ専門レーザー屋のホームページはこちら

レーザーテックのホームページはこちら

レーザーマーキングのホームページは>こちら

餃子の王将で行う、気軽な異業種交流会「王将クラブ」のホームページはこちら
by tarolin. | 2012-08-27 16:59 | 社長のひとこと | Trackback | Comments(0)