人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レーザー加工や社内での活動のことなどを、土日以外更新しています。


by tarolin.
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

定尺パイプの加工の治具

昨日から、パイプの切断をしています。

5.5mの定尺パイプから製品を切断しています。

トルンプのロートラスというパイプを切断する機構は
140φまでなら、加工機全面に空いた穴をパイプを送り込んで、
切断します。

1本のパイプからの切り始めは、機械からはみ出る部分が多いので
おしりの方が垂れてしまいます。



そのまま、切断をして、パイプが回転しだすと
ブルンブルンと、パイプが振れてしまい。
加工に影響を及ぼします。

なので、このようにパイプの端を手で持ち上げ
振れないようにします。
定尺パイプの加工の治具_d0085634_17132552.jpg

一日、持っておくだけという作業もつらい


そこで、何とかならないか試行錯誤

定尺パイプの加工の治具_d0085634_17135176.jpg

このようにクレーンで、吊り上げてお尻が振れないように持ち上げようかと
考えたが、クレーンの高さを微妙にあわせるのが難しいし
ヒモで吊るすだけだと、あまり触れ止めの効果期待できないので却下


加工機側は、ちゃんとした垂れ防止のサポートがあるのに...

これを活用できないか、と


工場内にある物をつかって
考えました。

定尺パイプの加工の治具_d0085634_17143111.jpg

サポートを、残材立てに使っていた、角パイプに差込
偶然、サポートの板厚と角パイプのスリットが同じ寸法 10ミリ

これを高さを無段階に変えれるスタンドに取り付け
定尺パイプの加工の治具_d0085634_1715152.jpg

パイプを載せて完成
定尺パイプの加工の治具_d0085634_17151828.jpg



これで、下方向へも垂れなくなり
横方向へのブレもなくなるので、
まったく揺れがなくなり、良好な加工ができるようになりました。

一時は、治具を設計して作ろうかなと思ったのですが
保管場所を考えなくてはいけないし、そんなにしょっちゅう使うものでもないので
工場にある物だけで考えてみました。

ポイントは、角パイプのスリットが偶然10ミリだったのと
無段階で高さが調整できるスタンドがあったことです。

よかった

レーザーテックのホームページはこちら

レーザーマーキングのホームページは>こちら

餃子の王将で行う、気軽な異業種交流会「王将クラブ」のホームページはこちら
by tarolin. | 2010-09-10 17:24 | カイゼン活動 | Trackback | Comments(0)